小児科

一般小児外来を対象としております。風邪、予防接種、乳幼児健診を行っています。重症の患者さまは専門病院への受診をおすすめします。
 
小児科診療時間
 
一般小児科
子どもによくある症状をご紹介します。少しでも様子がおかしいようでしたらすぐにご相談ください。
 
一般小児科 子どもによくある症状をご紹介します。少しでも様子がおかしいようでしたらすぐにご相談ください。

子どもの病気はいろいろあるので、心配になってしまうお母さんも多くいます。でも、深刻な病気の頻度はずっと少ないのです。日頃から病気についてなるべく丁寧な説明をして理解していただこうと努めていますが、保護者のかたもわからないことは遠慮なく質問してくださいね。
ただし、グッタリしている、のどがヒューヒュー鳴る、高熱が出ている等の重症と思われる症状の場合は、月~金の午前10時に受診して下さい。(総合病院は新患受付を午前11時に終了する為。)
 
一般的な予防接種
【二種混合】 【三種混合】 【四種混合】 【MRワクチン】 【麻しん】
【おたふく】 【水痘】 【風しん】 【日本脳炎】 【インフルエンザ】 【BCG】
【肺炎球菌ワクチン】 【Hi6ワクチン】 【ロタウイルスワクチン】 【B型肝炎】
 
アレルギー疾患
 
気管支喘息
夜になるとひどく咳き込む、ゼーゼー・ヒューヒューといって眠れないといった呼吸困難の発作を繰り返すのが気管支喘息です。 発作がおさまってしまうと、それ以上の治療は必要ないと思われるかもしれませんが、喘息のお子さんは発作が起こっていないときも慢性的な炎症が残っています。 また、一旦発作を起こすと、気管支はより敏感な状態になってしまいますし、発作を繰り返すことで、気管支が硬くなり細くなった状態で固定してしまいます。 そのため、いかに慢性的な炎症を押さえ込んで喘息発作を予防し、気管支の過敏性を改善し、大人になるまでに持ち越さないようにすることが大切です。
 
気管支喘息の治療
現在では、「発作のときになるべく早く治療することで悪化を防ぐこと」また、「発作のない時にもきちんと治療をして発作をなるべく起こさずに気管支の炎症をおさえていくこと」が重要と考えられています。副作用などが心配で、あまり薬を使いたくないと思われるお母さんもいらっしゃると思いますが、きちんと治療することで、気管支の炎症がコントロールできれば発作もなくなり、結果的に早期に薬の減量や中止が可能になることが期待できます。
【発作治療薬(リリーバー):即効性の発作止め】
・気管支拡張剤(メプチン、ベラチン、ホクナリン、スピロペント)
・徐放性テオフィリン薬(テオドール、ユニフィル)
【長期管理薬(コントローラー)気管支の炎症を抑え、発作を予防する薬】
・抗アレルギー剤(インタール、オノン、ザジテンなど)
・吸入ステロイド(フルタイド、キュバールなど)
・徐放性テオフィリン薬(テオドール、ユニフィル)
・長期間作動型気管支拡張薬(セレベント)
 
アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎は、アレルギー反応だけが原因ではなく、水分保持機能の低下、つまり乾燥肌が大きな要因です。アトピー性皮膚炎の患者さんの肌は、健康な方の肌よりも、もともと乾燥しているという特徴があります。乾燥肌では、皮膚表面を保護する膜(角質層)が障害を受け、薄くもろくなった状態になっているため、バリア機能が不十分で、汗や衣類、細菌などの刺激に弱く、さらに、アレルギーを起こす抗原も入りやすくなり、皮膚炎はますます悪化しやすくなります。この他、日常の生活環境やストレスなど様々な要因が関与します。
 
【特徴】
1)湿疹が慢性に経過する。
2)かゆみを伴い、かくことによって悪化する。
3)各年齢によって、症状に特徴がある。
4)アトピー性皮膚炎を引き起こす遺伝的体質がある。
5)子供に多く、成人になるにしたがって軽くなる傾向がある。
6)生活環境の中に病気を悪化させる要因がある場合が少なくない。
 
アトピー性皮膚炎の治療
アトピー性皮膚炎は、短期間に完治させることができる病気ではありませんが、症状が軽い状態を維持することは可能であり、良い状態を保つことにより、自然に治ることも珍しくありません。

産科

一般的な産科疾患は院長が診察します。
手術や合併症のある患者様は木曜日の午後に、産婦人科専門医(男性医師)が
診察します。

 
産科受付時間
 
産科の診療
当クリニックでは、待ち時間が大変な妊婦検診に、予約診療をとり入れる事よりスムースに受診して頂けます。妊娠32週目まで検診し、相談の上ご本人希望の入院施設のある提携の個人医院や総合病院へ責任を持って紹介しています。
 
妊婦検診
妊婦検診
 
【妊婦検診中の検査 】
 
妊婦検診中に行っている検査についてご説明させていただきます。
 
妊娠初期検査(10週まで)
■血液型■貧血■風疹■B型肝炎■C型肝炎■HIV■梅毒■トキソプラズマ■ GBS■カンジダ
■クラミジア■生化学検査
 
妊娠初期検査では、初期から治療が必要、もしくは気をつけなくてはならない検査をしております。異常がありましたら、ご説明の後、中期採血検査までに再検査などさせていただきます。
 
妊娠中期検査(20週)
■子宮頚管長測定■腟分泌物培養■心電図■貧血■HTLV-1 ■妊娠性糖尿病スクリーニング
■血糖■不規則抗体■生化学検査
 
内診検査では、早産兆候がないかの確認と、早産の原因になるといわれている、細菌性腟症があるかどうかを検査します。また、徐々に心臓に対する負担も増えてくるため、心電図もとらせていただいております。採血検査では、妊婦に多い貧血と、母乳哺育に影響するHTLV-1検査、そして妊娠性糖尿病の検査を行います。少々お時間がかかりますので、あらかじめご了承ください。また、いざというときの輸血に備え、不規則抗体もチェックいたします。
 
妊娠後期検査(30週)
■貧血■凝固系■膣分泌物培養■生化学検査
 
採血検査では、貧血と、また、分娩時に血が止まりにくい病気が無いことを確認するための凝固系を検査します。内診検査では、ご出産時に赤ちゃんに影響を与える菌がいるかどうかを確認します。
各々の検査で、異常がありましたら、その都度説明させていただき、治療させていただきます。

婦人科

一般的な婦人科疾患は院長が診察します。
手術や合併症のある患者様は木曜日の午後に、産婦人科専門医(男性医師)が
診察します。

 
婦人科受付時間

※■は関東労災病院 (産婦人科・部長) 香川秀之 医師です。
 
婦人科系の悩みは数多くありますが、なかなか他人に相談できずにひとりで悩み症状を悪化させる
事があります。次のような症状がある場合、自分で判断せずに、まずはクリニックへお越し下さい。
専門医が責任を持って診察・治療致します。
月経痛がひどい、月経量に異常がある等、気になる事がある方も気軽にご相談下さい。
 
【診療内容一覧】
 
婦人科一般

生理 生理がこない、量、周期、日数がいつもと違う
おりもの 色や量、匂いがいつもと違う
下腹部の痛み ・月経時の痛みが耐えられない。
・排尿、排便のときに痛みがある。
・性行為の時に痛む。
出血 ・月経以外に出血があった(不正出血)
・性行為時の出血
外陰部 ・かゆみや痛み、腫れがある。
・ただれや水ぶくれがある。

 
婦人科がん検診(子宮がん検診、卵巣がん検診)
子宮頸がんは早期に発見されれば根治できる病気ですので、定期的にがん検診を受けられることをお勧めします。
 
【検査方法】
子宮頸がんは、初期に見つかると子宮を取り除く事なく完治出来ます。 胸部レントゲンや、バリウム検査と異なり、直接子宮の入り口から細胞を採って検査します。痛みも無く30秒ほどで検査は終了します。卵巣がん検査の場合は、内診の際、膣内に超音波装置を入れて検査します。これによって、子宮の後面や卵巣などを詳しく検査することが出来ます。 もちろん痛くはありません。
 
子宮筋腫
子宮に発生する腫瘍(かたまり)が子宮筋腫です。良性の腫瘍で、がんのような悪性腫瘍と違い、生命をおびやかすことはありません。子宮筋腫ががんになりやすいということはありません。子宮筋腫単独の場合もありますが、子宮内膜症と合併する場合もしばしば見られます。
しかし、ごく少数ですが、子宮内膜癌(体癌)の合併や子宮肉腫という悪性腫瘍の場合もありますので注意が必要です。
 
子宮内膜症
子宮内膜症は近年増える傾向にあります。 20歳~30歳代の比較的若い世代におこりやすいと言われます。子宮内膜と同じような粘膜組織が、子宮以外の場所に発生することがあります。
これを「子宮内膜症」とよびます。この「子宮以外で発生した粘膜」は、「子宮内膜」が出血(月経)するのと同じように出血を起こします。そのため血液が組織にたまり、さまざまな障害が起きるのです。
 
月経移動
普段の月経周期から次の月経が大切な予定と重なると予想されるときには、月経を移動させる方法があります。月経を早める方法と月経を遅らせる方法で、月経を遅らせる方がより確実ですが大切な予定の時期も薬を飲み続けている必要があります。早目にクリニックにお越し下さい。早めるか遅らせるかの相談も可能です。
 
避妊相談
【経口避妊薬(低用量ピル)】
正しく内服すれば最も確実な避妊法です。10代の方から40歳頃の方まで使用できます。現在は第2世代3相性ピルが主流でホルモン含有量が少なくなり安全に使用できるようになってきましたが、初回処方前には次の ピル検診を受けていただきます。問診、血圧測定と必要に応じて血液検査、超音波検査等をおこないます。検診で問題なければ、あとは1日1錠の錠剤を飲み続けるだけです。最近では飲み忘れのないようにパッケージにも工夫がこらしてあります。
 
【子宮内避妊具(IUD) 】
お産をされたことのある方はIUDも便利です。ピルのように毎日内服する必要もありません。受精は成立するものの着床を阻害するという理論のため、初回の挿入は月経直後でなければなりません。あとは2~3年に1回の入れ替えが必要です。
 
ブライダルチェック
ご結婚前に女性としての健康診断をお受けになってはいかがでしょうか? 特に御妊娠を予定している方は、妊娠に影響する疾患の有無を含めて、妊娠する前に検査をしておくことが大切です。妊娠してから検査治療するのでは遅い疾患もあります。
  
【検査内容】
■血圧 
■心電図 
■血液検査(貧血、肝臓機能、膵臓機能、腎臓機能、栄養状態、中性脂肪、血糖、痛風)
■感染症(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、エイズ、クラミジア)
■子宮がん検診・卵巣検診・超音波検査
 
※職場で定期的に健診を受けている方は、これらの中から必要な項目のみを選択して検査すればよいでしょう。

内科

【総合内科】
 
院長は総合内科専門医です。内科疾患に関して
すべてを網羅しておりますので迅速、的確、総合的な診断ができます。

 
基本的に内科は全て拝見いたします。患者さんにとって今、何が必要であるかを常に考え行動していきます。的確な診断や治療を行なう為に、患者さんの症状、心配な点をよく聞き、身体所見をとり、必要な検査・治療を行ないます。また自院では出来ない検査や、より確かな診断、治療の為には提携医療機関の専門医をご紹介し、患者さんにとっての治療の最短距離を目指します。患者さんが抱えている問題について一緒に考え、より良い信頼関係を築いて行きたいと考えています。診察室ではなかなか緊張して思ったことも言えない事もあるとは思いますが、ぜひ気軽にご相談下さい。
 
【主な内科疾患】
 
生活習慣病
ストレスの多い昨今、日々の生活の中で気づかないうちにあなたの身体の中はどのように変化しているのでしょうか?生活習慣病には高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風などがあります。
いずれも、つながりがあり、総合的に診療することが必要です。環境や、加齢、個々の素因によるものなど原因はさまざまです。一人ひとりの病態、ライフスタイルにあった治療や生活のアドバイスをご提案いたします。
 
糖尿病
糖尿病とは、代表的な生活習慣病といわれていますが、インスリンというホルモンの欠乏、または作用の不足によって、糖質(ブドウ糖)の代謝に異常が起こり、高血糖の状態が慢性的に続いている病気です。血糖値が高いこと以外は、自覚症状も乏しいことが多いので、気づかなかったり、放置してしまったりしがちです。脳卒中や心筋梗塞など動脈硬化 につながり、合併症を引き起こすこともあります。
 
高血圧
高血圧には原因が明らかでない本態性高血圧と原因疾患のある2次性高血圧があります。80~90%の人は本態性高血圧で、中高年以降に発症します。心臓、全身の血管の動脈硬化が進行します。
 
高脂血症
高脂血症も患者さん自身、痛くもかゆくもありませんが、心筋虚血(狭心症・心筋梗塞)、脳血管障害の代表的危険因子です。さまざまな治療法がありますが、食事、運動療法のみで検査値を正常化するよりも薬物療法を組みあわせたほうが心筋虚血、脳血管障害をより予防することが証明されています。一人ひとりの患者さんに合致する治療法をご提案したいと思います。
 
呼吸器疾患
昨今、肺がんは胃癌を抜いて、死亡率第1位の癌です。肺がんは、症状が出にくく、発見されたときは既に進行している場合が多い癌です。また、他の臓器や骨に転移しやすく、手術できたとしても再発率の高い癌です。症状がなくとも、定期的にレントゲンやCTによる検査が重要です。 肺がんの診断は大変難しいのと、胸部レントゲンの検査で発見された場合の生存率は低くなっています。昔とは違い内視鏡による手術が可能になったことで、その後の生存率も高くなってきています。
 
消化器疾患
胃癌は日本人のがんによる死亡原因の第2位です。これは人間ドックや胃癌検診の普及により、早期に発見の事例が増えてきました。あなたも是非、定期検診を受けて下さい。早期に発見することで、開腹せずに内視鏡や腹腔鏡手術で、病巣を取り除くことができます。消化器系の病気で一番怖いのが癌です。食道癌、胃癌、肝臓癌、膵臓癌、腎臓癌、大腸癌と人間の癌の8割近くが消化器系の癌です。
 
甲状腺
20~40歳代の女性に多く見られます。バセドウ病や橋本病など、甲状腺に異常があるとも言われております。適切な診断と治療を受ければ、健康な人と同じように毎日快適な生活が送れるようになりますが、甲状腺の病気である事に気づかない人が多く、容貌や性格の変化にとまどい、悩んでいる方も少なくありません。