乳腺外来

【乳がん検診】
 
視診・触診
くぼみなど皮膚表面の変化、乳首の位置などを目で見て確認した後に、しこりの有無とその性状、乳頭からの分泌物をチェツクします。
 
マンモグラフィ(乳房レントゲン検査)
乳房を圧迫して乳腺の陰を撮影して、しこりの形、乳腺の乱れ、がん細胞が死滅してできる石灰化などを見つける検査です。
※当院では扱っておりませんのでマンモグラフィは指定医療機関へご紹介いたします。
 
エコー(乳房超音波検査)
超音波により乳腺の状態を調べ、しこりを見つけたら、その形、内容を見る検査です。
 
 
【乳腺症の検査】
 
乳腺症とは?
35歳~45歳ぐらいの女性に好発する良性の乳腺疾患であり、ホルモン環境のアンバランスがみられます。形態学的には乳腺上皮の増殖や萎縮、化生、のう胞形成、そして間質の線維化など複雑な組織像が示すものです。
 
乳腺症の症状
■自発痛・圧痛(月経前に症状が増強)
■硬結(月経前に症状が増強)
■時に乳頭分泌(漿液性、乳汁様、時に血性)