不眠症外来

【不眠症の種類】
実際の睡眠時間の長短に関係なく、朝起きた時に睡眠に対する不満足感が強く、 それによって身体的、精神的、社会生活の支障を感じている状態のことをいいます。 不眠症は、具体的に4種類に分けることができます。 また、この種類が重複している方も多くいらっしゃいます。
 
入眠障害
寝つきが悪くてなかなか眠れないが(30分~1時間以上)、いったん眠ると朝まで眠れる。
 
中途覚醒
寝つきは悪くないが、翌朝起きるまで何度も目が覚めてしまう。
加齢により生理的変化として増加する。
 
早朝覚醒
朝早く(希望時刻の1~2時間以上前)に目覚めてしまい、その後眠れない。
 
熟眠障害
睡眠時間は十分なのに、眠りが浅い、目覚めたときに熟睡感がない状態
 
 
【不眠症の合併症】
不眠症の原因として、以下のものが合併症となることがあります。
 
入眠障害の合併症
疼痛、COPD、更年期障害、アトピー性皮膚炎、周期性四肢運動障害、 レストレッグス症候群、精神生理性不眠症(PPI)、睡眠相後退症候群(DSPS)
 
中途覚醒の合併症
疼痛、睡眠時無呼吸症候群、COPD、更年期障害、アトピー性皮膚炎、 周期性四肢運動障害、 レストレッグス症候群、うつ病、精神生理性不眠症、 アルコール摂取、夜間の頻尿等
 
早朝覚醒の合併症
うつ病、アルコール依存睡眠障害、睡眠相前進症候群(ASPS)
 
熟眠障害の合併症
周期性四肢運動障害、睡眠時無呼吸症候群
 
 
【不眠症の治療法】
不眠症の治療には、お薬を使用した治療方法と、お薬を使用しない治療方法があります。
 
薬物療法
不眠のタイプに合った睡眠導入剤を使用して治療します。
 
非薬物療法
生活習慣を改善することで、質の良い睡眠をとることが可能です。
 
1.睡眠時間は人それぞれのため、日中眠くならなければ心配する必要はありません。
8時間眠らなければならない、というわけではありません。季節などに左右されるほか、人によって違います。また、年齢を重ねることで必要な睡眠時間は短くなります。
 
2.刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を取り入れましょう。
就寝4時間前のカフェインの摂取、就寝1時間前の喫煙は 、気持ちの高ぶりを誘発しますので避けることが有効です。また、軽い読書、音楽、ぬるめのお湯に入浴、筋弛緩トレーニング、リラックスできる香りを焚くなどの方法も効果的です。
 
3.眠くなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない。
眠ろうという気持ちが、頭を冴えさせ寝つきを悪くしてしまいます。
 
4.同じ時刻に毎日起床。
早寝早起き、ではなく、早起きが早寝に通じます。
 
5.光の利用でよい睡眠を。
□目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計を動かしましょう。
□夜は明るすぎない照明を利用しましょう。
 
6.規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣を取り入れましょう。
□朝食は心と体の目覚めに重要です。夜食は軽くとることがポイントです。
□運動習慣は熟睡を促進します。
 
7.昼寝をするなら15時前の20~30分
□長い昼寝はかえってぼんやりしてしまいます。
□夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響を及ぼします。
 
8.眠りが浅いときは、積極的に遅寝・早起きに!
寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減ります。
 
9.睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のピクつき、むずむず感は要注意です。
 
10.十分睡眠をとっても日中の眠気が強いときは専門医へ
 
11.睡眠導入剤の代わりの寝酒は不眠の元
寝酒をすると睡眠が浅くなり、夜中に目覚める原因となります。
 
12.睡眠導入剤は医師の指示で正しく使えば安全
□一定時刻に服用し就寝することがポイントです。
□アルコールとの併用は悪影響を及ぼすので併用しないでください。
 
※心配な点や当てはまる点がございましたら、お気軽にご相談ください。