不眠症外来

【不眠症の種類】
実際の睡眠時間の長短に関係なく、朝起きた時に睡眠に対する不満足感が強く、 それによって身体的、精神的、社会生活の支障を感じている状態のことをいいます。 不眠症は、具体的に4種類に分けることができます。 また、この種類が重複している方も多くいらっしゃいます。
 
入眠障害
寝つきが悪くてなかなか眠れないが(30分~1時間以上)、いったん眠ると朝まで眠れる。
 
中途覚醒
寝つきは悪くないが、翌朝起きるまで何度も目が覚めてしまう。
加齢により生理的変化として増加する。
 
早朝覚醒
朝早く(希望時刻の1~2時間以上前)に目覚めてしまい、その後眠れない。
 
熟眠障害
睡眠時間は十分なのに、眠りが浅い、目覚めたときに熟睡感がない状態
 
 
【不眠症の合併症】
不眠症の原因として、以下のものが合併症となることがあります。
 
入眠障害の合併症
疼痛、COPD、更年期障害、アトピー性皮膚炎、周期性四肢運動障害、 レストレッグス症候群、精神生理性不眠症(PPI)、睡眠相後退症候群(DSPS)
 
中途覚醒の合併症
疼痛、睡眠時無呼吸症候群、COPD、更年期障害、アトピー性皮膚炎、 周期性四肢運動障害、 レストレッグス症候群、うつ病、精神生理性不眠症、 アルコール摂取、夜間の頻尿等
 
早朝覚醒の合併症
うつ病、アルコール依存睡眠障害、睡眠相前進症候群(ASPS)
 
熟眠障害の合併症
周期性四肢運動障害、睡眠時無呼吸症候群
 
 
【不眠症の治療法】
不眠症の治療には、お薬を使用した治療方法と、お薬を使用しない治療方法があります。
 
薬物療法
不眠のタイプに合った睡眠導入剤を使用して治療します。
 
非薬物療法
生活習慣を改善することで、質の良い睡眠をとることが可能です。
 
1.睡眠時間は人それぞれのため、日中眠くならなければ心配する必要はありません。
8時間眠らなければならない、というわけではありません。季節などに左右されるほか、人によって違います。また、年齢を重ねることで必要な睡眠時間は短くなります。
 
2.刺激物を避け、眠る前には自分なりのリラックス法を取り入れましょう。
就寝4時間前のカフェインの摂取、就寝1時間前の喫煙は 、気持ちの高ぶりを誘発しますので避けることが有効です。また、軽い読書、音楽、ぬるめのお湯に入浴、筋弛緩トレーニング、リラックスできる香りを焚くなどの方法も効果的です。
 
3.眠くなってから床に就く、就床時刻にこだわりすぎない。
眠ろうという気持ちが、頭を冴えさせ寝つきを悪くしてしまいます。
 
4.同じ時刻に毎日起床。
早寝早起き、ではなく、早起きが早寝に通じます。
 
5.光の利用でよい睡眠を。
□目が覚めたら日光を取り入れ、体内時計を動かしましょう。
□夜は明るすぎない照明を利用しましょう。
 
6.規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣を取り入れましょう。
□朝食は心と体の目覚めに重要です。夜食は軽くとることがポイントです。
□運動習慣は熟睡を促進します。
 
7.昼寝をするなら15時前の20~30分
□長い昼寝はかえってぼんやりしてしまいます。
□夕方以降の昼寝は夜の睡眠に悪影響を及ぼします。
 
8.眠りが浅いときは、積極的に遅寝・早起きに!
寝床で長く過ごしすぎると熟睡感が減ります。
 
9.睡眠中の激しいイビキ・呼吸停止や足のピクつき、むずむず感は要注意です。
 
10.十分睡眠をとっても日中の眠気が強いときは専門医へ
 
11.睡眠導入剤の代わりの寝酒は不眠の元
寝酒をすると睡眠が浅くなり、夜中に目覚める原因となります。
 
12.睡眠導入剤は医師の指示で正しく使えば安全
□一定時刻に服用し就寝することがポイントです。
□アルコールとの併用は悪影響を及ぼすので併用しないでください。
 
※心配な点や当てはまる点がございましたら、お気軽にご相談ください。

漢方外来

【漢方について】
漢方薬は、じっくり・じんわり体に効くというイメージや興味はあるけれど使い方がわからないという人も多いと思います。漢方は正しく選び使用することで、効果を発揮します。漢方薬とは、天然物である生薬(薬草の根や茎、葉などの有用部分を乾燥させたものや動物由来のもの、鉱物など)をいくつも組み合わせた薬です。そして、漢方の基本的な考え方は、人が持っている病気を治す力を高めることです。誰もがもともと持っている病気と闘い、治す力(自然治癒力)を高め、身体を整えることを基本にしています。一人ひとりの体質や病気の状態を見極めながら、最適な漢方薬を使い分けます。 当クリニックでは、漢方薬の正しい理解と知識をもって、正しい飲み方を指導しております。
 
【漢方治療】
漢方では、身体を流れる「気・血・水」のバランスが崩れると体調不良になると考えられています。「気」は生体を動かす基本となるエネルギー、「血」は血管を流れている成分、「水」は汗やリンパ液など体液全体を指します。漢方はこの不具合を体内バランスを整え、「気血水」の流れを正常に戻すことで治そうとするのです。そして漢方薬はすぐに効かないは誤解です。体質を診る物差しのひとつ「証」を知り、ただしい薬を選べれば特効薬にもなります。「証」は、その人が持っている病気に対する抵抗力のようなものです。体力が充実して病気に対する抵抗力が強い状態を「実証」、体力が衰えて体の機能が減退した状態を「虚証」、その中間を「中間証」と呼びます。 そしてそれぞれの「証」に適した処方を選びます。
 
漢方
 
【漢方治療の流れ】
以下の手技を必要に応じて、組み合わせて使います。
 
望診・・・視覚によりその人の置かれている状態を観察します。
・皮膚の色 ・顔色 ・からだの動き ・舌の状態 など
 
聞診・・・聴覚や臭覚により患者さまの状態を観察します。
・しゃべり方、声のはり ・呼吸音、腸音 ・体臭、口臭 など
 
問診・・・患者さまから話をお聞きするなかで状態を把握する。
・自覚症状の質問がきわめて大切です ・症状の変化・経過 ・既往症 など
 
切診・・・直接患者さまのからだに手を当てて診断します。
・腹部全体をみる腹診 ・手首の脈診 ・手足を中心とした触診 など
 
icon_yajirushi
 
漢方処方・内服指導となります。

乳腺外来

【乳がん検診】
 
視診・触診
くぼみなど皮膚表面の変化、乳首の位置などを目で見て確認した後に、しこりの有無とその性状、乳頭からの分泌物をチェツクします。
 
マンモグラフィ(乳房レントゲン検査)
乳房を圧迫して乳腺の陰を撮影して、しこりの形、乳腺の乱れ、がん細胞が死滅してできる石灰化などを見つける検査です。
※当院では扱っておりませんのでマンモグラフィは指定医療機関へご紹介いたします。
 
エコー(乳房超音波検査)
超音波により乳腺の状態を調べ、しこりを見つけたら、その形、内容を見る検査です。
 
 
【乳腺症の検査】
 
乳腺症とは?
35歳~45歳ぐらいの女性に好発する良性の乳腺疾患であり、ホルモン環境のアンバランスがみられます。形態学的には乳腺上皮の増殖や萎縮、化生、のう胞形成、そして間質の線維化など複雑な組織像が示すものです。
 
乳腺症の症状
■自発痛・圧痛(月経前に症状が増強)
■硬結(月経前に症状が増強)
■時に乳頭分泌(漿液性、乳汁様、時に血性)

不妊外来

一般的な婦人科疾患は院長が診察します。 火曜日の午後の不妊外来は終了しましたので産み分けや不妊のご相談は姉妹院の菊名西口医院へお願いします。手術や合併症のある患者様は木曜日の午後に、産婦人科専門医(男性医師)が診察します。
 
不妊外来受付時間
※■は関東労災病院 (産婦人科・部長) 香川秀之 医師です。
 
妊娠ができずに悩んでいる方へ
当院ではお子様を望まれるご夫婦の年齢や不妊期間を考慮し、身体的に無理なく、できるだけ自然妊娠を目指した治療を行っています。
 
不妊診療方針
事前にきちんとした説明を行なった上で検査・治療を始めてゆきます。わからない点・疑問に思う点はその都度ご遠慮なくご質問ください。
 
【治療の流れ】
 
不妊症検査
 
1.排卵の検査(排卵異常があるか調べる検査です)
【基礎体温(BBT)測定】 【黄体化ホルモン、卵胞刺激ホルモン測定、TRHテスト】 【黄体機能検査】 【膣式超音波検査】 【子宮頚管粘液検査】
2.卵管の検査(卵管異常があるか調べる検査です)
【クラミジア検査、細菌培養検査】 【卵管通水検査】 【子宮卵管造影検査】 【子宮鏡検査】
3,男性の検査(男性側に原因があるか調べる検査です)
【精液検査】
4.その他の検査
【フーナー検査】 【抗精子抗体検査】
基本的な不妊検査をしながら、不妊治療を行います。 不妊検査の結果に大きな異常がなければ、負担の少ない自然のタイミング指導から段階的に行っていきます。
 
不妊症治療
 
1.タイミング法
ご夫婦ともに大きな異常がない場合は、自然体であるタイミング指導から始めてゆきます。 基礎体温と超音波による卵胞計測と尿中LH測定から排卵日をきちんと特定し、 夫婦生活のタイミング指導を行います。
2.人工授精
タイミング法を行っても妊娠されなかった方や精液検査で精子濃度が1000万/ml以下の乏精子症や運動率30%以下の精子無力症と診断された場合には、人工授精を行います。タイミング法と
同様に排卵日を特定し、精液中から運動良好精子を選別濃縮し、子宮内に注入する方法です。
 
【ホルモン障害の場合】
ホルモン補充療法を行います。ホルモンに問題が無い方でも排卵後は高温期のホルモン補充で妊娠成立を高めます。
 
【排卵障害の場合】
排卵誘発剤の内服や注射を行います。

骨粗しょう症外来

骨粗しょう症とは
骨粗しょう症とは骨がスカスカになり、骨折しやすくなる病気です。65歳以上の女性の45%がかかっているといわれます。初期は痛みなどもなく気づきにくいのですが、できるだけ早く発見し、骨折などを予防することが大切です。骨密度測定だけでなく、骨質も含めて日頃から骨の健康のチェックも心がけましょう。
 
骨粗しょう症チェック
下記に該当する方は、骨粗しょう症の可能性がありますのでご相談ください。
骨粗しょう症チェック項目
□背が縮んだように感じる
□背中や腰が曲がったように感じる
□背中や腰の痛みのために動作がぎこちない
□腰が痛いが、レントゲン検査では椎間板や脊椎間に異常がない
 
骨粗しょう症の治療法
 
【薬での治療/注釈】
骨粗しょう症の発病には、加齢や閉経以外にも食事や運動の習慣などが深く関わっています。そのため骨の生活習慣病とも呼ばれ、食事療法や運動療法も骨粗しょう症の予防や治療には欠かせません。しかし、骨粗しょう症と診断された場合には薬が治療の中心となります。
 
【主な治療薬】
①活性型ビタミンD3
→腸管からのカルシウムの吸収を促進し、体内のカルシウム量を増やす薬
 
②活性型ビタミンD3、ビタミンK2
→骨の形成を促進する薬
 
③エストロゲン(女性ホルモン)、ビスフォスフォネート、SERM(塩酸ラロキシフェン)、カルシトニン
→骨の破壊を抑制する薬
 
【食事療法】
カルシウム、ビタミンD、ビタミンKなど、骨密度を増加させる栄養素を積極的に摂り、骨を丈夫にするのが骨粗しょう症の食事療法です。カルシウムとビタミンDを同時に摂りますと、腸管でのカルシウム吸収率がよくなります。また、タンパク質の摂取量が少ないのも骨密度の低下を助長しますので、食事量が少なくなりがちな高齢者の方は注意しましょう。栄養やカロリーのバランスがよい食事を規則的に取るのが、食事療法の基本となります。
 
【カルシウムを多く含む食品】
牛乳、乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品など
※カルシウムの摂取目標量は、1日800mg以上です。
 
【運動療法】
【骨密度を増加させる運動療法】
運動不足は骨密度を低下させる要因です。骨にカルシウムを蓄えるためには、「体重をかける」ことが大事。日常生活のなかで階段の上り下りや散歩などを取り入れ、運動量を増やすだけでも効果があります。骨密度の低下防止にとくに有効な運動は、ウォーキング、ジョギング、エアロビクスなどです。

更年期外来

更年期とは
すべての女性に訪れるメノポーズ(閉経)。このメノポーズを挟んだ約10年間を更年期と言い、エストロゲン欠乏による心身の様々な不調が起こります。しかし、更年期障害という言葉はなんとなく知っていても、自分が更年期障害と気づいている人は多くないのかもしれません。体がだるい、やる気が出ない、めまい、胃腸障害、体の不調がひどくはないけれどなんとなくすっきりしない・・・それも更年期かもしれません。女医であり、同世代でもある院長と一緒に予防、早めの治療を考えてみませんか?
 
更年期障害の特徴-こんな症状はありませんか?
 
心の症状
【不安】 【不眠】 【イライラ】 【無気力】 【無感動】 【情緒不安定】
 
体の症状
【のぼせ】 【ほてり】 【発汗】 【めまい】 【肩こり】 【冷え性】 【外陰部の痛み】 【性交痛】 【尿失禁】
【高脂血症】 【動脈硬化】 【骨粗鬆症】 【頭痛】
 
色々な症状があるのでご相談下さい。
 
簡略更年期指数(SMI)でチェックしてみましょう
これはエストロゲン欠乏による症状(更年期障害)の度合いを調べるものです。
 
これはエストロゲン欠乏による症状(更年期障害)の度合いを調べるものです。
 
上記の表に自分の症状に応じて点数を記入し、その合計点をもとにチェックしてください。
 
上記の表に自分の症状に応じて点数を記入し、その合計点をもとにチェックしてください。
小山嵩夫著「女性ホルモンの真実」を一部改定しています。
 
更年期障害の治療方
前向きに、そして快適に過ごすために一緒に考えていきましょう。
あせらず、あきらめないで下さい。
 
①バランスのよい食事
日常生活の食事に注意するだけで改善できることもあります。
 
②適度な運動
ウォーキングや、ヨガ、ストレッチ等、体を動かすことで血行促進。ストレス解消に役立ちます。
 
③カウンセリング
ひとりで悩まず、当院外来女医に相談して下さい。つらさ、不安は本人しかわからないのです。院長も同世代、一緒に考えましょう。
 
④漢方薬
ホルモン補充が少し不安な方はご安心下さい。めまい、頭痛、のぼせ、ほてり、冷え、不眠などあらゆる対応を考えます。
 
⑤HRT(ホルモン補充療法)
体内に不足しているエストロゲンを補充することで、心身の様々な症状を軽減、改善することが期待できる療法です。エストロゲン低下に伴う症状が出はじめたら、早めの相談をおすすめします。
 
【HRTの効果】
・のぼせ、ほてり、発汗などの症状が改善されます。
・膣炎や性交痛などの症状を改善します。
・骨量減少を抑制し、骨粗しょう症の予防や治療の効果がみられます。
 
【HRTの副作用】
・HRTを始めた頃は下記の症状が見られることがあります。そのほとんどはHRTを続けていくうちに軽減されます。
・不規則な出血/乳房の張り・痛み/胃のムカつき etc。 まずは3ヶ月位続けてみましょう。
 
【HRTの注意点】
次に該当する方は使用前に必ず担当医師と薬剤師に伝えて下さい。
 
・以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある
・乳がん、子宮内膜がんなどにかかっている、またはその疑いがあると言われたことがある
・血栓性の疾患にかかっている、またはその疑いがあるといわれたことがある
・肝障害、異常性器出血がある
・他に薬を使っている(お互いに影響を及ぼす可能性があるため、一般的に使用されている医薬品も含めて伝えて下さい)
 
【HRTの種類】
・HRTには経口剤・貼付剤・ジェル剤と色々な種類があります。
・相談しながら方法を決めて続けていきましょう。
 
⑥抗うつ剤etc
うつ症状が出ている方には抗うつ剤を、不安感が強い方には抗不安剤を・・・といったように各症状のみに焦点をあてた治療も可能です。つらい症状を絞って治療しましょう。

喘息(ぜんそく)外来

私、石田由美は大学から呼吸器科で喘息とアレルギーの研究と治療を行ってきました。
 
はじめに
あなたは本当に喘息のコントロールがきちんと出来ていますか?「薬で治療しているのでコントロール出来ています。でも時々咳が出て苦しかったり、夜咳が出て目が覚めたりします。これは喘息があるので仕方がないと思います・・・」  と思っていませんか?
 
でも!!
喘息は気道が炎症を起こして狭くなり、呼吸がしにくくなる病気です。適切な治療法でコントロールすれば喘息のない人たちと同じ生活が送れるはずです。
 
だから
治療していて咳が出て苦しかったり、夜目が覚めてしまう場合は、まだきちんとコントロール出来ているとは言えません。喘息には症状が軽いものから重いものまで様々な症状があるのです。
 
まず
喘息のない生活への第一歩として、自分の状態を知ることから始めましょう。そして、あなたが薬を上手に使いこなしていくことが大切なのです。私たちと一緒に喘息のない生活を目指すために、まずはあなたの喘息を理解しましょう!!
 
喘息(ぜんそく)外来
 
喘息の症状について一緒にチェックしてみましょう
 
基本的な喘息の症状とは?
□咳が出る
□胸が圧迫される感じがする
□息切れがする
□息が苦しい
□息を吐くとき、のどがゼーゼー、ヒューヒュー鳴る
□のどがイガイガ、ムズムズする
□呼吸機能の低下
 
見逃しやすい喘息の症状とは?
□ちょっとした刺激で咳が出る
□大声で笑うと咳が出る
□ホコリやタバコの煙で咳が出る
□疲労やストレスで咳が出る
□夜、咳が続いて目が覚める
□かぜをひきやすい
□発作止めの吸入薬(P2刺激薬)を使ってしまう
 
治療法は?
喘息治療の中心では気道を拡げて炎症を抑える必要があります。そのため喘息の治療には吸入薬もよく使われます。呼入薬ひとつを見ても、毎日規則的に使う治療薬と発作が起きたときだけに使う発作治療薬もあります。喘息の治療にはしっかりとしたガイドラインもあり、ひとりひとりに合ったペースで治療していくことが大切なのです。当院にてきちんとアドバイスしていきます。一緒に喘息を治療していきましょう。